アビシニアンとマヒワ

目下でこそ有効な薬が開発され、薄毛に考え込む男性にひと筋の希望の光を与えることができるようになってきたものの、しかしAGA(父親機種抜毛症)は、今なお相変わらず「治療が難しい疾病」であると考えられています。

疾病の治療は、一般的には、その疾病の元凶を突き止め、その原因となっている実態を取り除いたり改善したりすることで達成できますが、難治性の疾病の多くが、「原因不明」や「元凶があまりにも千差万別」であることが大きな問題になっています。

勿論AGAも、型としては難治性の疾病であるといえるでしょう。そして、治療を辛くやる利点が、「AGAの元凶が多様である」ということになります。

AGAは、発症のユニットごとに型分けされることが多いだ。前頭部からゆったり浸食わたるような薄毛を「M字」、頭頂部だけが薄くなる薄毛を「O(オー)字」などと呼び、両方元凶が異なると考えられます。そしてここで当たるのが、「U字」の薄毛だ。やはり、こういうユニットの薄毛にも、特有の元凶があります。

「U字」というのは、無論薄毛になった部分に起こる見た目が「U」のコピーに通じることからこのように名づけられているわけですが、まずは、これがどんな見た目ですかという職場について触れておきましょう。

失礼ながら言わせていただきますと、サイエンティストさんなどによく見られる見た目であるという印象があります。つまり、耳のワキや後ろ側の奴にだけしかヘアーが残っておらず、最先端部、頭頂部のヘアーがなくなってしまった環境を真上から見た場合、その生え際が「U」の字をひっくりかえしたような見た目に見えるはずです。これが「U字」のAGAだ。

ですから、U字のAGAの実例、多くはM字やO字にくらべて、いとも薄毛が進行してしまった状態であるということも、容易にご仮定なくなるかと思います。

で、その原因ですが、実はこういうU字機種のAGAというのは、「M字機種AGAとO字機種AGAの総合的AGA」であることが知られるようになりました。つまり、はじめにM字機種AGAが発症し、年代とともに頭頂部も薄くなり、これからO字機種AGAの状況になり、グングンこれを放置することによって、M字要素とO字要素が完全に融合し、U字機種のAGAが完成されることになるのです。

ですから、U字機種のAGAを解消するためには、遺伝子レベルに問題があると仰るM字機種AGAを廃止し、共々、主に血行障害に原因があると仰るO字機種AGAも廃止しなければならないという、非常に難しい治療が必要になるということがいえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です